腸を元気にして体も元気に|PMSで対策女の子の日も怖くない|不安定な心から解放される

PMSで対策女の子の日も怖くない|不安定な心から解放される

腸を元気にして体も元気に

腹部

人間の腸には免疫細胞の約7割が宿っていると言われています。腸内には数多くの種類の菌があり、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の大きく3つに分かれます。この菌がお花畑のように混在することから腸内フローラとも呼ばれています。悪玉菌が増えると日和見菌も悪玉菌の味方をして腸内環境が悪化します。腸内環境が悪化すると免疫力も落ち、様々な病気を引き起こしやすくなります。しかし、腸内フローラは生活習慣を改善することでバランスを整えることが出来ます。腸内フローラの理想的なバランスは善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割です。中でも大きく影響するのが食生活です。善玉菌を増やす食べ物を積極的に摂ることでバランスが良くなっていきます。

善玉菌として有名なのが乳酸菌やビフィズス菌です。つまり、善玉菌を増やすには発酵食品を摂ることが有効と言えます。納豆や味噌などの大豆製品をはじめ、ヨーグルトなどもとても効果的です。最近では乳酸菌のサプリメントも多数あるので、手軽に摂取することが出来ます。また、乳酸菌やビフィズス菌はオリゴ糖をエサとするのでオリゴ糖も一緒に摂取するとより効果を発揮します。オリゴ糖はバナナやゴボウなどの食材にも含まれていますが、飲み物や食べ物に簡単に混ぜれるパウダーになっているものもあります。これらを続けて摂取していくことで段々腸内フローラのバランスが整っていきます。腸が元気になると免疫力が上がり病気を予防出来るだけでなく、美肌やダイエットなどにも効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加